リングピロ―キットについて説明する総合情報サイト

>

リングピロ―は不器用でもキットがあれば手作りできる

この記事をシェアする

リングピロ―はどんなものか

リングピロ―ですが、これは結婚式の際に指輪を置いておく小さなクッションの様なものを指します。リングピロ―の歴史は古く、古代エジプトの結婚式に使用された枕の形の宝石台が始まりだと言われています。また、リングピロ―のクッションにつけられるリボンには絆を結ぶという意味があり、古代のヨーロッパで心労と新婦の体をひもで結ぶことに由来していると言われています。

リングピロ―を目にする機会は結婚式の指輪交換の際ですが、基本的には指輪交換はキリスト教の儀式なので人前式や神前式などではリングピローは必要なものではないです。ですが現在は指輪交換は結婚式のスタイルを問わず行われるものなので、指輪交換を彩るアイテムとしてリングピロ―は非常に重要なものになっているのです。

リングピロ―には様々な種類がある

リングピロ―の種類についてですが、まず定番のものとしてクッションタイプのものが挙げられます。クッションといっても正方形や長方形といった形状は様々にあります。
また、リングピロ―の生地の素材、使用するリボンの素材など、形以外にもさまざまなバリエーションが存在しますので、選ぶ楽しみも非常に大きいリングピロ―となっています。

また、これ以外にも結婚式の後にも活用できるボックスタイプのものもあります。これはジュエリーボックスやアクセサリーケースに好みで飾り付けをしてオリジナルのリングピロ―になるタイプのもので、リングピロ―を自分の好みに手作りしたい、結婚式の後も使っていきたいと考えている方にお勧めできるリングピロ―の種類になっています。


トップへもどる